銀行での融資と消費者金融でのキャッシングの違いについて

消費者金融会社と、銀行とでは、金利に違いがあることが歴然としています。銀行からなら低い金利で借り入れ可能ですが、消費者金融会社の金利はやや高めです。銀行の融資とキャッシングはお金を借りるという点では同じですが、大きく異なることもたくさんあります。お金を借りる時に、何に使うものなのかを、銀行では明示する必要があります。住宅ローンなら、借りたお金を自宅を建て替えたりマンションを購入する事しかできないし、設備投資の融資なら設備投資以外には使えません。銀行でお金を借りるときは、融資をしたお金の使途を明確にする事と、お金を貸す人の資産状況などをしっかり審査してから、融資の決定がされます。金利や、貸付金額も含めて審査で検討されるため、申込みをしても、希望額がそのまま借りられるとは限らないというネックがあります。銀行から融資を受けるに際して審査を受けると、消費者金融会社のキャッシングで行われている審査と比べて時間がかかりますが、それは細かい点まで確認しているからです。一方、キャッシングは銀行融資の審査と比べると条件は厳しくなく、借りたお金の使途も自由なのが最大の特徴です。銀行の目的型ローンに対して、消費者金融会社のキャッシングはフリーローンという場合もあります。消費者金融のキャッシングは、銀行融資に比べると大変利息が高くなるのが特徴です。実際キャッシングはとても貸倒率が高いので、リスクを回避するために利息を高くした融資を行っているのです。みんカラコン